TOP

LINEで送る
Pocket

横浜,関内の弁護士事務所,植田法律事務所にようこそ。
当事務所は弁護士一人です。
最初から最後まで,私が担当します。
勝手に二人一組の弁護士で行動し,高い弁護料を請求するケースが見られますが,当事務所は弁護士一人分の費用で受任します。費用も旧日弁連報酬規程に従います。「旧」というのは今は規程がないからです。でも,未だに我々に配布される弁護士手帳に記載されている規程で,標準的な金額と考えています。騙しの報酬基準でないことはご理解いただけたと思います。
専門分野は一般民事です。
あなたの抱えている事件が特殊な分野でない限り,同種の事件はどこの事務所も取扱いはしています。但し,「取扱事件」と「技量」は異なります。
見極めはwebsite「だけ」でなく,面談で決めることです。
法律や実務のことは,「記事のカテゴリー」に掲載している各記事を見てください。

記事事務所の特徴取扱事件弁護費用アクセスは一番上の検索窓の下をクリックしてください。

LINEで送る
Pocket